So-net無料ブログ作成

起きてすぐのタバコは癌のリスクを高める可能性がある [医療情報]

米ペンシルベニア州立大学の研究で、成人喫煙者の約3割が起床後5分以内に
タバコを吸っており、1日の喫煙の量に関係なく、起きてすぐにタバコを吸う人では
起床後30分以上経ってから吸う人に比べてタバコに特異的な発癌物質の血中
濃度が高いことがわかりました。起床後すぐにタバコを吸う人は深く多く吸入する
ために発癌物質の血中濃度が高くなり、これによって肺癌や口腔癌のリスクが
増大する可能性があるとみられています。
なるべくタバコは吸わないほうがよいのでしょうが。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

 Οὖτις

εὕρηκα? εὕρηκα!! εὕρηκα!
by Οὖτις (2013-04-25 01:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。